話題の二重手術が可能なクリニックTOP9!クチコミ総合ランキング! 今ならお得にプチ整形!お得な二重まぶた手術割引キャンペーン人気ランキング

特集記事 眼瞼下垂

正しく知ろう!二重整形

おすすめ二重整形クリニック

二重手術クリニック
ランキング

アイプチをおすすめしない理由

アイプチでまぶたが伸びるって噂はホント?
まぶたを糸で留めたり、切開したりする二重整形よりももっと手軽に目元の印象を変えることができると人気なのが、いわゆるアイプチです。アイプチをはじめアイテープやメザイクなど、シールタイプの接着剤でまぶたをくっつけて二重にしてしまうというもので、一重にコンプレックスがある人やメイクでぱっちり二重にしたいと考えている人なら、一度は使ったことがあることでしょう。
そんな、手軽にぱっちり二重を作れると人気のアイプチですが、実はちょっと怖い噂を耳にしました。代表的なのが、まぶたが腫れたりかぶれたりといったケースですが、それ以外にも、アイプチを取る時にゴシゴシこすったりすることで肌だけでなく筋肉や腱などまで傷めてしまうこともあるそうです。これでは、ぱっちり二重の印象的な目元を作るために使っているアイプチが、目元を痛めつけてしまう原因になりかねません。
アイプチ・メザイク・アイテープ等で起こる瞼のトラブルにご注意
手軽にぱっちり二重まぶたを作れて、目を大きく見せられると人気のアイプチ。アイテープやメザイクといった類似商品も含めて、若い女の子たちの必須コスメの1つとしての地位を確立しています。しかし、その手軽さの一方で、かぶれたり、腫れたりといった肌トラブルも少なくありません。
そんな肌トラブルの原因のひとつが接着成分にあります。アイプチには、絆創膏などと同じラテックスというゴムの成分が使われています。このゴム成分にアレルギー反応を起こしてしまう人が少なくないのです。アイプチやアイテープ、メザイクなどを使った時にまぶたに違和感を感じたことがある人は、すぐに使うのを止めて接着成分を丁寧に洗い流すようにしましょう。
最初はちょっとした違和感かもしれませんが、それを放置したまま使い続けるのはとても危険です。まぶたは皮膚のなかでもとても薄い部分ですから、腫れたりただれたりして取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。
アイプチをずっと使い続ける危険性
アイプチなどを使って二重まぶたを作ると、鏡に映る自分の顔の印象が大きく変わるのが分かります。一度でもその変化を体感すると、一重まぶたに戻すのはとても難しいもの。そのため、1日のうちのほとんどの時間をアイプチなどを着けた状態で過ごすことになってしまう人が少なくありません。実は、これもアイプチの怖さのひとつです。
アイプチなどはまぶたをくっつけて二重を作りますから、1日中、何日間もその状態を続けていると、まぶたに大きな負担がかかります。そのため、日常的にアイプチなどを使っているとまぶたの老化が早まり、まぶたが伸びてしまったり、垂れてしまったりといったトラブルも少なくないのだとか。酷い時にはまぶたが垂れ下がって目が開きにくくなる眼瞼下垂になることもあるそうです。
これでは、ぱっちり二重どころか、逆に重たいまぶたになってしまいます。たとえラテックス成分に対するアレルギーで荒れたりしなくても、あまり長時間、長期間に渡って使い続けるのは避けたようが良さそうです。

TOPへ戻る

TOPへ戻る