話題の二重手術が可能なクリニックTOP9!クチコミ総合ランキング! カンタン二重!切らない手術のクリニック紹介 しっかり二重!切開手術のクリニック紹介

特集記事 眼瞼下垂

正しく知ろう!二重整形

おすすめ二重整形クリニック

二重手術クリニック一覧

共立美容外科

商品画像

より美しい二重手術を目指す共立美容外科

  • 切らない埋没法「P-PL挙筋法」を提供
  • 切開手術も「全切開」「ミニ切開」「目頭切開」「目尻切開」から選べる
  • 患者さん一人一人の要望や体質に合わせた、整形プランを提案
  • 全国で24院を展開中!
  • 丁寧なカウンセリング・術後トラブルを防止するアフターケアを心がける
  • 美容外科のラグジュアリーブランドとして、早稲田大学で提携講座、『感性&ファッション産業論』を開設。
  • 公式サイトはこちら
クリニック数 所在地
24院 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-9-2久保ビル7F
受付電話番号 診療時間
0120-500-340 10:00~19:00
年中無休 完全個室
全てのクリニックが年中無休 プライバシーを考慮した完全個室をご用意
オンライン相談 専門医によるオペ
丸 丸

院長履歴

久次米 秋人

  • 1983年 金沢医科大学医学部卒業
  • 1983年 高知医科大整形外科入局
  • 1989年 東京本院(品川)開院
  • 2002年 本院を新宿に移転

患者様のご希望に沿った施術を提供しています

メスを使わずに二重になる
二重埋没P-PL挙筋法

「二重埋没P-PL挙筋法」は、糸と針を使って、目の上に点と点を結んで二重ラインを作る施術法です。手術時は専門医による麻酔や極細の糸など、患者様に痛みを少しでも抑えられるよう努め、腫れづらい自然な仕上がりを目指します。

こんな希望を持っている人におすすめ

  • 希望1
    メスを使わずに二重になりたい
  • 希望2
    痛みが少ない、腫れづらい
  • 希望3
    糸が取れにくいのが良い
  • 希望4
    子どもを二重にできないか

二重埋没P-PL挙筋法の概要

通院回数1回
手術時間20分
回復までの期間2~7日
カウンセリング当日の治療可能
入院なし
仕事・外出可能

二重埋没P-PL挙筋法の主な流れ

  • STEP1問診票の記入&カウンセリング
    受付を済ませ、待合室で問診票をご記入いただきます。その後、完全個室にて医師がカウンセリングを行います。
  • STEP2デザイン&手術の説明・確認
    ブジーという器具を使って、ご希望の二重ライン・幅を決めます。合わせて手術の説明も行います。
  • STEP3麻酔
    手術時は、痛みを少しでも軽減できるよう麻酔をします。麻酔は麻酔科の専門医が担当します。
  • STEP4手術開始
    複数人のスタッフを配置し、安全を配慮して手術を行います。使用器具は全て滅菌された清潔なものを使用しています。
  • STEP5リカバリー
    手術後は、完全個室のリカバリー室でお休みいただきます。共立美容外科では術後のケアも丁寧に行っています。

メスを使って二重になる
切開手術法

切開手術は、「全切開・ミニ切開」、「目尻切開」、「目頭切開」と大きく3種類あり、いずれもメスを使用します。「全切開・ミニ切開」は、まぶたを切開して脂肪やたるみを取り除いて大きな目になると同時に、半永久的に二重になります。「目頭切開」は、両目を近づけるのにおすすめです。「目尻切開」は、切れ長の目にしたり、目と目と離すのに効果的です。

こんな希望を持っている人におすすめ

  • 希望1
    半永久的に二重になりたい
  • 希望2
    まぶたの脂肪やたるみを取りたい
  • 希望3
    なりたい目の形にデザインできる
  • 希望4
    埋没法より綺麗に二重になる

全切開・ミニ切開の概要

全切開ミニ切開
通院回数2回(状態により定期検診もあり)
手術時間約60分40~50分
回復までの期間5~7日(腫れ7日間)2~7日
カウンセリング当日の治療可能
入院なし
仕事・外出可能

目頭切開・目尻切開の概要

通院回数3回
手術時間約60分
回復までの期間5~7日
カウンセリング当日の治療可能
入院なし
仕事・外出可能

切開手術の主な流れ

  • STEP1問診票の記入&カウンセリング
    受付を済ませ、待合室で問診票をご記入いただきます。その後、完全個室にて医師がカウンセリングを行います。
  • STEP2二重ラインの確認&マーキング
    ブジーという器具を使って、さまざまな幅や形を作っていき、鏡を見ながら患者様と決めていきます。二重の幅が決まったらそのラインに沿ってマーキングします。
  • STEP3麻酔
    手術時は、マーキングをもとに定規を使ってミリ単位でデザインします。そして極細の針の注射でまぶたに麻酔をかけます。
  • STEP4手術
    全切開・ミニ切開・・・まぶたの上の皮膚を切開していきます。
    目尻切開・・・目尻にメスを入れて切開していきます。
    目頭切開・・・目頭をZ字にメスを入れて切開していきます。
  • STEP5目の冷却&薬の服用
    手術が終わったらアイスノンで目を冷却し、痛み止めと抗生剤の薬が処方されます。
  • 公式サイトはこちら

共立美容外科の特徴

切らない二重術「二重P-PL挙筋法」
共立美容外科では、切らない二重術「二重P-PL挙筋法」を取り入れています。二重P-PL挙筋法では、血管の手術にも使用される超極細の糸を使用しており、点(Point)と点(Point)を効率的に結ぶことで、二重の幅、ラインを自由に設定することが可能です。共立美容外科では、切らない二重術「二重P-PL挙筋法」によって、切開を必要とせず、くっきりとした二重ラインを長期間維持することが可能です。
「超極細の糸×超極細の麻酔針」を用いたプチ整形
画像
二重P-PL挙筋法では、超極細の糸を使用している点以外にも特徴があります。それは超極細の麻酔針を採用していることです。外径が0.2mmという34Gの超極細の針を使用することで、麻酔量も少量で済むものです。針が細いので、回復までの期間も短く済みますので、手術後の外出やお仕事も可能です。
また、二重P-PL挙筋法では眼瞼挙筋の働きを高める固定法ができるため、自然な二重の状態を作り出すことができます。手術時間は約10分程度と短時間で、通院回数も1回で済むのです。
ミニ切開法でパッチリ二重に!
画像
共立美容外科ではミニ切開法と全切開法のという、2種類の切開法から自分の目に合った方法を選択できます。 もともと目の周囲の脂肪が多く、厚ぼったい瞼の方や、加齢とともに目の上にたるんだ脂肪が増えてしまった方などにはミニ切開法がおすすめです。脂肪の除去に重点を置いた二重整形術で、埋没法よりもくっきりとした強固な二重ラインを形成できます。傷もそれほど目立ちませんので、気軽に受けられるメリットがあります。手術時間は40分から50分程、入院の必要性はなく、カウンセリング当日の施術も可能です。また全切開法については、さらに目の上のたるみが強く、視野が狭くなってしまっている方におすすめの切開法になります。余分な皮膚や脂肪を取り除くことによって、二重の幅が広くパッチリとした大きな目が実現できます。手術後に抜糸が必要となりますが、腫れはおよそ一週間ほどで落ち着いてきます。
カウンセリング・アフターケアも丁寧に行う
画像
手術前に行う無料カウンセリングでは、患者さんの希望を叶えるために、専門医自らが診療プランの決定をサポートし、手術当日は担当医による詳細の事前説明の後、清潔な手術室でリラックスした状態で手術が受けられます。術後のアフターケアも、術後トラブルが起きないよう細心の注意を払いながら、仕上がりを長期的に維持できるようサポートを行います。
  • 公式サイトはこちら
  • 二重手術が可能なクリニック徹底紹介

TOPへ戻る